お金を借りる 専業主婦

MENU

主婦の嫁が…。

結婚した僕たち

僕は結婚5年目になります。嫁とは3年ほど付き合ってたので、もう付き合っていた期間と結婚してからの期間を合わせて8年にもなります。

 

これまでの間は、もちろん些細なことで喧嘩はしますが、それほど危機ということもなく平凡に暮らしていました。

 

僕は小さいながらも会社をとして働き、嫁は専業主婦として家のことを頑張ってもらっています。掃除したり料理を作ったり、僕のお弁当を毎日作ったりと。

 

こんなどこにでもあるような平凡な家庭なのですが、先日い大きなトラブルが発生したのです!!

 

それは、専業主婦である嫁がいつの間にかキャッシング会社からお金を借りていたという事実が発覚したのです( ゚Д゚)

 

これを知ったときはほんとビックリしましたね…。僕は小さいころから、両親に「お金を借りてはいけない!」って教え込まれていたので、僕自身はお金を借りたことは今まで1度もなかったのです。

 

アコムやプロミス、アイフルなどの看板は街中でよく見かけていましたが、借りている人いるのかな?なんて思っていたので、まさか自分の嫁がお金を借りていたというのはビックリというかショックという気持ちもありました。

 

ただ、そもそも専業主婦の嫁がお金を借りる事ができるのか?ということが疑問だったのですが、いろいろ調べてみると実際専業主婦でもお金を借りる事ができるということが分かりました。

 

≫専業主婦でもお金を借りれる銀行キャッシングについて

 

 

【どうしても必要という方】
どうしてもお金を借りないといけないという人もいて、そういう方はお金を借りるのもしょうがないと思いますが、まずは以下のことを確認してください。

 

 

・物を買う場合に必要ならば、その物は本当に必要なのか??
(できれば1日寝て次の日に結論をだす)

 

・節約することによってどうにか、必要なお金を捻出できないか??

 

・不用品や持っているブランド品などを売ってお金を捻出できないか??

 

・親など身内にお願いして借りる事はできないか??
(返済できないと親や身内とトラブルになる可能性あり)

 

 

 

以上のことを考えても無理という方は、「≫専業主婦でもお金を借りれる銀行キャッシングについて」をクリックして、専業主婦でも借りれる銀行キャッシングを確認してみるといいでしょう。


 

 

【許せる言い訳?】
専業主婦の方が旦那さんに内緒でお金を借りていた場合、理由はどうあれ許せないということが多いと思います。どんな理由だろうと相談してくれればよかったという思いがありますからね。

 

それでも旦那さんに内緒でお金を借りていて、何か言い訳をしないといけない時があるかもです。そういう時の僕が言い訳されて、許せる言い訳って何だろう?って考えてみました。

 

 

・両親の介護や病気にお金がかかった。

 

・僕(旦那)へプレゼントをする為にローンカードを作ったのが始まり。
(急いで何か買っておく)

 

・親友がどうしてもお金を貸してくれというので貸した。

 

 

 

このあたりかなと思います。まあ、どれも問い詰めていかれてしまえばどうしようもないのですが・・・。嘘をつかれるぐらいならば、本当の理由を教えて欲しいとは思います。


 

借金が発覚したきっかけ

 

嫁がお金を借りて借金をしていたのが発覚したきっかけですが、自分で借金しているということを告白してきたことがきっかけですね。この告白がなければ知りませんでした。

 

使っているうちに限度額いっぱいまで使ってしまって、返済が大変になって、食費をやりくりした程度では返済できなくなったので僕に借金を告白した十いうわけです。

 

買い物している夫婦

我が家の家計は僕の方が管理しています。結婚する前から、嫁は自分のバイト代などのお金が入ればすぐに全部使ってしまう性格でした。貯金という概念がなかったようなので。

 

ですので、嫁に家計を管理してもらっていると、後々大変になるだろうなと思って僕が管理することになったのです。食費など必要なお金は月々現金で嫁に渡すようにしています。

 

食費はうまくやりくりして頑張っていたのですが、イオンなんかに食材を買いに行ったついでに、いろんなお店のウインドウショッピングをしていたところ、いろいろと欲しいバッグや服が出てきたらしいのです。

 

その時にどうしても欲しい衝動に駆られてしまってキャッシングでお金を借りたということでした。

 

独身の時は実家で暮らしていて、アルバイトを掛け持ちして生活していたので、それなりに自由に使えるお金もあったので、いろいろバッグや洋服を買っていたのですが、夫婦となって僕だけの収入ではそんなにいろいろ洋服やバッグ、靴を購入することはできません。

 

この独身時代にいろいろ買っていた習慣がどうしても抜けきらなかったのでしょうね。僕の収入がそんなに多くないのも原因といえば原因ですが、お金を借りてまで洋服などを買うのはやめてほしかったというのが本音ですね。

 

 

総額30万円の借金

 

専業主婦ということもあり、何百万もはお金を借りる事が出来ず、とりあえず総額で30万円という借金の金額でした。

 

もちろん小さい金額ではありませんが、なんか「借金」というイメージが勝手に数百万円って思ってビビッていたのでちょっと安心しましたね。何とか返済していける範囲だと思いうので。

 

あと、闇金融みたいな悪徳業者で借りていなかったというのも不幸中の幸いですね。闇金融で借りていたら返済どころか、親戚や親ごと大変な目にあう可能性もありますから。

 

とりあえず、僕の方でちょっとづつ貯金していたお金があって、そのお金で30万円の返済をすることができたので、返済してしまいました。もう我が家に貯金はありません…。

 

完済してしまったので、ローンカードを使って二度とお金を借りないように、解約をしてカードをはさみで切り刻んでしまいました。

 

これから将来のこともありますし、貯金がないままではまずいので、ちょっとづつ貯金を待たしていこうと思います。一気に返済してしまった分、しばらくは節約して生活していかないといけないですね。

 

せっかくためた貯金をすべて返済で使ってしまわずに、月々決められた金額を返済しようか迷ったのですが、高い利息を支払わないといけないことを考えると、思い切って貯金から返済した方がいいかと思って返済に充てることに決めたのです。

 

今更ながら嫁がお金を借りて買ったという洋服やバッグを見てみたのですが、ほとんど使ってないようなものが多かったです・・・。せめて頻繁に着る洋服やバッグにしてほしかったですね。

 

まあ、人間の欲望って一時的なものであって、買ってしまった時点で欲望が満たされてしまって、着るっていうことはどうでもいいことなのかもしれませんね。